暮らしの編み方。

ねえこれ知ってる?面白かったよ。これはカンタンでおいしいの、食べてみて! 40代で高齢出産、フラフラしながら頑張る50代主婦のブログです。育児も家事も大変だけど、シンプルに好きなことを楽しみながら暮らしたい。おすすめしたいことやモノ、生活のあれこれを編集して、お待ちしてます♪

スイカにレモン、おいしいよ。スイカに塩の理由(わけ)、陰陽の話し。

夏なら、やっぱりスイカを食べなくちゃね~
スイカにレモン」は去年知って、今年もそうしようと楽しみにしてました。

毎日更新チャレンジ、この記事は57日目です。
↓クリックで応援してくださるとうれしいです!

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ

へ

スイカにレモン汁、新鮮な味

1年前、「スイカにレモン」をTwitterで知って、試してみたら美味しかったのです。
かじると、まずレモン汁の酸味がきて、ちょっと刺激的。
スイカの甘みと水分がすぐに広がって、なんだかトロピカルフルーツみたいな、不思議な味です。

果物は、基本的に生で食べるのが好きで、加熱や加工はめったにしません。
これなら気軽だし、ちょっと特別な気分になれて、気に入りました。

最近のtogetterのまとめでもありました。

togetter.com

リンク先、確かに切り方が気になります…。

スイカに塩は、意味があります

スイカに他に合うものは?

「スイカに◯◯」は、いろいろあるみたいです。
しょうが汁、黒酢、チーズ、シナモン…
すりごま、ってのは驚き。ちょっと勇気がいるなあ。

news.cookpad.com

定番はやっぱり、「スイカに塩」ですね。
どうして塩なのか。
甘みが引き立つから?

それもあるけれど、結果的に陰陽のバランスを取っています。

陰陽とは

かなり大ざっぱな説明です。

陽性:熱い、暑い、やわらかい、活発、右、縮まる など
味で言えば、濃い

中庸:中間の、ちょうどよい状態

陰性:冷たい、寒い、硬い、静か、左、広がる など
味で言えば、薄い

何事も、極端に偏らず、トータルで中庸だと安定します。

バランスを取る

夏の果物のスイカは、水分が多くて体を冷やす“陰性”
塩は、強い“陽性”

スイカに塩をかけることで、中庸に近付け、身体が冷えすぎないようになりますね。

トマトに塩、も同じこと。
おしるこ(ぜんざい)に塩をひとつまみ、塩昆布を添える」もそうです。
甘いものは、陰性だから。

陰陽バランスが整うと、結果的に味も美味しくなります。
調味する、味を調えるというのは、そういうことなんだそうです。

おすすめの本

陰陽を知って、料理や献立の迷いが減り、体調や気分を整えやすくなりました。
他にも、性格や人づきあい、自然、歴史など、あるとあらゆることにあてはめられる、奥が深い法則です。

陰陽の本、料理や体を整える指南書はいろいろありますが、概要の入門書はこちらがわかりやすいです。

「レモンと塩」もあり

陰陽で言うと、「スイカにレモン」はより陰性に傾きます。
イタリアの食べ方だそうですが、陽性なイタリア人にはその方がいいのかな。
スイカの種類も違うかも。

まあ、小難しいことは考えなくても、そのときの体調や気分で決めましょう。
昨日は、私は塩とレモン両方かけました。

f:id:kurashiami:20200810124813j:plain

レモンイエローが映えますね

スイカは、子どもの頃は好きではなかったんですが、大人になってからはわりと好きです。
果物全般、和菓子もあまり得意ではなく量が食べられなかったけれど、だいぶ変わりました。
体質と生活が、子どものころより陽性になったみたいです。

スイカの切り方

スイカつながりで。
数日前に、こんなツイートを見ました。

 !?!?!?

こういう現象とか、模様そのものが大好きすぎる…
スイカ丸ごとひとつは、3人家族だからなかなか買えない~
小玉スイカでもこうなるのかな…実際の、実物を見たい。
ワクワクする51歳、2020年の夏です。