暮らしの編み方。

ねえこれ知ってる?面白かったよ。これはカンタンでおいしいの、食べてみて! 40代で高齢出産、フラフラしながら頑張る50代主婦のブログです。育児も家事も大変だけど、シンプルに好きなことを楽しみながら暮らしたい。おすすめしたいことやモノ、生活のあれこれを編集して、お待ちしてます♪

毎日のごはん作りを、無理なくラクにしたい。どこをシンプルにする?

私は、わりと料理が好きだけど、日々の食事の支度が楽しいかと言ったら、その日による。
その時々によります。
時間の制約がなくて、予算に上限がなくて、締切が迫っている他の仕事がなくて、心身ともに元気!であれば、楽しいだろうな~

食事の用意は趣味じゃないのよね

現実はね。
時間に追われ、食費を気にしつつ、他にやることたくさんで、つかれているときが多い。

特にここ最近は、休校→短縮授業と在宅ワークで、家族がみんな三食とも家で食べる。
しばらくは買物のペースと、買うもののバターンも変わって、シフトチェンジが必要だった。

f:id:kurashiami:20200624192620j:plain

午後から出社の夫に、少し早めの昼食を用意。

白米ごはん、味噌汁(もやし、油揚げ、豆苗)、焼き塩鮭(激辛)、卵焼き(釜揚げ桜海老・青ねぎ)、焼き海苔、きゅうりのぬか漬け。
こういう日は、朝はパンで夜はワンディッシュ系が多い。


毎日更新チャレンジ中。↓クリックで応援してくださるとうれしいです!

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ



へ


三人だけの家族だし、食洗機も一応あるから、ラクな方なんだと思う…けど…
毎日毎日、終わりがないものね。
洗濯・掃除は一回パスしてもなんとかなるけど、食事はそうもいかない。

とにかく継続、連続、食材のくり回し。
いつも全力投球を目指したら、とてもじゃないけど続かない。イヤになる。
全体のバランスを見つつ、手抜きをするのもテクニックのうち。

趣味でたまにする料理とは全然違うんだよー

息切れせずに続けるために、できるだけシンプルにしていかないと、しんどい。

たまにはインスタント、外食・中食・デリバリーもいいじゃないですか。

f:id:kurashiami:20200624193126j:plain

ひなたぼっこしながら寝ていたい。ごはんができたら起こしてねー

ごはん作りをシンプルにしたいなら、どこをどうする?

作業環境(キッチン)をできるだけ片づけ調理器具や食器も厳選する

買物を効率よく、短時間で済ませる

このあたり、シンプルライフの常識でしょうか。
片づけは、実は苦手…。日々、試行錯誤しています

食材や作り方をシンプルにする

これももちろん、かなり意識しています。
家庭料理だからね。

特殊で使いみちが限られる調味料などは、基本的に使わない。
手をかけすぎず、旬のものをシンプルな調理法(切るだけ、焼くだけなど)で、とか。

じゃあ、食事そのもの、献立・メニューは?というと…

何を食べるかはバランスよく

栄養的なバランスだけではなく、嗜好、経済的、メリハリ(ハレとケ)、見た目、などなど。

私はもともと食べることが大好き。
食を楽しみたいし、あまりストイックにしたくない。

たとえば、「朝食をワンパターンのメニューにする」とかは、正直物足りない。
それは悪いことではなく、むしろ世界ではそういう文化の方が多い。
日本の食卓はいろいろな料理を出すから、主婦(主夫)の負担が大きい、ともよく聞きます。

その辺は、やっぱりバランスでね。
そうした方がよい状況や、その方がトータルで満足なら、それでよいと思います。

どれが正しい、とかは全然なくて。
時代はもちろん、自分が今いいと思っているやり方や気持ちだって、どんどん変わっていくものです。


今は、和食をベースに、体調と相談しながら、あれこれ作ったり食べるのが楽しい。

それから、ひとつの食材をいろいろな料理に展開できると、結局ラクです。
食材をムダにせず使い切れるし、なんといっても飽きない。
飽きないのは、継続するための大事なポイントです。

食べることは生きること・食べたもので体ができる

私は、元々あまり丈夫ではなく、思春期直前から成人後までちょっと重いアトピーで、その後不妊・不育で悩んだ末に、体をこわしたりしました。
あきらめかけたころに子どもを授かり、現在更年期真っ只中で、小学生男児の育児中です。

食品の制限や体質改善の断食、玄米菜食、マクロビオティックの勉強など、元気になりたい一心でいろいろやってきました。
食べるもの、日々の食事の積み重ねがどれだけ大きいか、骨身に沁みているのです。

 ※食べ物が心身に及ぼす影響は個人差が激しいです。何を食べても大丈夫、長生きする人っていますよね。逆もまた。


だから、日々の体調や精神面の変化と、食べたものとの関係を、わりと注意深く観察しています。
自分も家族も。

ガチガチの自然食派の時期もありました。
無農薬や有機野菜にこだわったり、加工食品を徹底的に取らないようにしたりね。

今は、かなりゆるゆるです。そうでないと、続かないから。

ごはんがおいしく食べられれば大丈夫

ごはんをおいしく食べるって、案外難しいことです。

まず、お腹がすいていて、体調がよいのが前提。
そして、精神的な安定。
心配ごとがあると食欲がなかったり、ストレスがあると逆に食べ過ぎてしまったり。

器や部屋など、食べる環境も大事かな。
一緒に食べる相手が誰かも(私は1人で食べるのもきらいではない)。

そして、当たり前だけど、食事そのものがおいしいこと。
体調や好み・気分、その日のコンディション(気温や湿度)に合っていること。

そんなことを猛スピードで考えながら、ごはんの用意をしています。

少し疲れていたり、イヤなことがあっても、ごはんがおいしいと「まあ大丈夫かな」と思える。
質素で、シンプルな方がいいの。
そんな日々を重ねていくのが、幸せな人生かな~と思います。

f:id:kurashiami:20200624193454j:plain


これもブログを始めた理由

食にまつわるいろんなことを、記録しておきたい。
食べることが大好きで、料理にも興味津々な息子に伝えたい。
誰かに、もしよかったら、なにか参考にしていただきたい。

そんな思いをずーっとため続け、今、書きたいことがたくさんあります。
自分の書きたいことが書けるなんて、楽しくてたまりません。
日々、自分自身もアップデートしながら、編集していきます。