暮らしの編み方。

ねえこれ知ってる?面白かったよ。これはカンタンでおいしいの、食べてみて! 40代で高齢出産、フラフラしながら頑張る50代主婦のブログです。育児も家事も大変だけど、シンプルに好きなことを楽しみながら暮らしたい。おすすめしたいことやモノ、生活のあれこれを編集して、お待ちしてます♪

ドラム式洗濯機の7つの「よかったポイント」。読めばますます買いたくな~る

ドラム式洗濯機で助かるのは、「干して取り込む時間と手間がなくなること」ですね。
一言で言えばそれだけ。
でもそこから、実際にはとても多くのことに影響するのです。
1年間フルに使って、実感・納得・発見したメリットをまとめました。

我が家でドラム式洗濯機に買い替えた経緯と、迷ったポイント→どうなったかは、以下の3つの記事に長々と書きました。よろしければご覧ください。

 

時間と体力の節約にとどまらない、7つのメリット

(1)天気を一切気にしなくてよい

(2)飛んでるものが気にならない

(3)外も内も、においが気にならない

(4)温度・湿度、風や紫外線のダメージ回避

(5)モノが減りスペースが空く

(6)買物が減って節約できる

(7)アクシデントにあわてず対応できる


ひとつずつ、詳しく書きます。

毎日更新チャレンジ中。↓クリックで応援してくださるとうれしいです!

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ

へ

天気を一切気にしなくてよい

一年を通して、いわゆる“お洗濯日和”って、何日くらいあるんでしょうね?
地域にもよるでしょうけれど…

f:id:kurashiami:20200702001109j:plain

移りゆく季節と天気

天気予報をチェックしなくなることはないけれど、洗濯のことは一切考えなくてよいと、とても気がラクです。

朝晴れていて、天気予報でも大丈夫そうだったから洗濯物を干したのに、が降ってくることもよくありますね。
家にいても、気がつかなければアウト。
家の中にいながら天気を気にしているのも、けっこう疲れるものです。

晴れていても、強風で洗濯物が飛ばされたり、下に落ちてしまったり…。
また洗い直し、それも干す前より汚れたなんて、疲労倍増です。

 

ドラム式洗濯機なら、外の天気がどんなときでも、停電でなければ確実に乾く
この安心感は、絶大です。

飛んでるものが気にならない

季節によって、空気中にいろいろ飛んでいます。

すぐ思い浮かぶのは、やはり花粉でしょうか?
うちの子は花粉症なので、特に春は外干しを避けたいのです。

f:id:kurashiami:20200702003726p:plain

花粉症、つらいよね

黄砂も、日によってかなり飛んできます。
外に停めている車の表面が、まっ黄色になってびっくりすることも。

PM2.5は、目には見えないけれど、やはり洗濯物につかない方がよいですね。

鳥のフン小さな虫。

聞いた話しですが、カメムシは悪臭で大変だし、蜂が洗濯物に隠れていて刺されたケースもあるとか…。

 

これらすべて、洗濯機で乾燥までできれば、人間や洗濯物への影響を気にする必要がないわけです。

外も内も、においが気にならない

これは、お住まい周辺の環境によると思いますが…

我が家の近くでは、たまに屋外でゴミを燃やすお宅があります。
条例で禁止されてるのに…
風向きによってはが流れてきて、臭いがすごいのです。
いつも予告はないので、あわてて洗濯物を室内に入れ、窓をしめていました。
せっかく晴れてるのに、理不尽で腹立たしい。


それとですね…これは、マンションに住んでいたときのことなんですが。
ベランダに干すとき、すぐお隣の洗濯物の柔軟剤の匂いが漂ってきて、つらかった。
こういうのは個人で感覚が違うから、難しいんですよね。
あまり息をしないで干したりしてました。

他にも、排気口からの料理の匂いとか、畑にまく肥料の臭いなどありますね。

洗濯物につかなくても、干す間にそのにおいを嗅ぐストレスがあります。

それらは、外干ししなければ防ぐことはできます。

じゃあ、部屋の中に干せばいいかというと、そうです、生乾きの臭いが…

f:id:kurashiami:20200702001943p:plain

湿度の高い時期は、除湿器をつけると部屋の温度が上がったり。

それらも、乾燥まで洗濯機で済ませられれば、我慢しなくてすみます。

温度・湿度、風や紫外線のストレスから身を守れる

夏は日よけの帽子をかぶり大汗をかきながら、冬は震えて手を冷たくしながら干したり取り込んだり。

室内でハンガーなどに洗濯物を干してから外に出すようにしていましたが、それでも気合が必要でした。
おっくうで、ついつい干すのが遅くなることもよくあったし…。

それから、今はそんなことないかなぁ、夜干しはよくない、という考え。
朝早くに干して、まだ日が沈まないうちに取り込まないと、ご近所の目が気になったり。
季節によっては、夕方以降の湿気で、せっかく乾いたのに湿っぽくなってしまったり。

それらすべて、解消です。

モノが減りスペースが空く

これは、大きくわけて3つ。

ひとつは、洗濯物を干す用具が減ります。
ハンガーや洗濯ばさみがたくさんついた物干しは、今までの数はいりません。

f:id:kurashiami:20200702004051j:plain

こういうの、けっこうかさばります

ふたつめは、衣類の数です。
雨で洗濯物が乾かないことを見越し、服やタオルの数を多めにしていました。 

特に、子どもは雨の日にびしょぬれになり、洗っても雨だから乾きづらく、洋服や下着と靴下の予備が必要でした。

でも、数時間で確実に乾くなら、数を減らせます。

シーツや枕カバーなどの寝具も、洗い替えがなくてもよくなります。
あっても1枚で十分。

洗濯物干し用具も衣類も、減らせば収納スペースに余裕ができます。

 

そして、3つめは、部屋干し用のスペースが空くのです。
そのスペースを有効に使えるし、リビングなどに干していたなら、見た目もすっきりします。

浴室乾燥機を使っていたなら、浴室が洗濯物でふさがらないので、いつでも入浴や掃除ができますね。

買物が減って節約できる

(5)の、衣類の数が少なくて済むことにより、買い物の回数と量も減ります。

特に子供服はすぐにサイズアウトするので、余計に買わなくなれば、家計も助かります。

アクシデントにあわてず対応できる

病気でタオルやシーツなどを頻繁に取り換えたい
・なにかをひっくり返したりのトラブルで、洋服やタオルを汚した
・子どもが雨や遊びで全身ずぶぬれ
・子どもが明日持っていく体操着を出し忘れていた

などなど、突発的なことで洗濯物が増えても、余裕です。

アイロンやドライヤーを使って、必死に乾かすこともなく…

イライラして、子どもを必要以上に叱ってしまうこともなくなります。

そして、ふだん主に洗濯をする人が具合が悪くても、家族に洗濯を頼める
洗濯機に洗濯物と洗剤をセットするだけで、乾燥までできますからね。

家族がいなくても、かんたんだから洗濯物をためずに済みます。
これは、ものすごく心強いことです。

f:id:kurashiami:20200702004242j:plain

心晴ればれ

いいことばっかり?デメリットは?

縦型に比べて高価です。
私は、メリットをもって相殺できるというか、価格差以上のメリットがあると思いますが。

それから、置き場所は、縦型よりスペースが必要です。
これは、今後改善を期待したいところ。

補足として、デメリットとは違いますが、運転時の音について。
縦型と比較してどうかはわからないのですが、洗濯時に音と振動がけっこう響きます。
乾燥時はわりと静かですが。
洗濯機の置き場所と間取りの関係、建物の構造によっては、深夜と早朝の使用は厳しいかもしれません。

うちでは、今の住居は間取り上問題がないので、タイマーを使い、夜中に回して朝乾くように使っています。
これができないと、ありがたみがやや減ります。

昼間しか使えないとしても、私はもう手放せませんけどね。

***

ドラム式洗濯機推しの記事を連日書いていたら、なんだか自分が家電メーカーの回し者のように思えてきました…

 

いえいえ、身内にも知り合いにも関係者はなく、依頼があるはずもなく…

洗濯機の構造などに、まったく不満がないわけでもありません。
手入れの様子や、細部の写真などを載せた記事も書こうと思います。

 

が、さすがにちょっと一息入れたいので、明日は料理です。

冷やし中華がとってもおいしくなるコツを書きます。

 

真夏より、今頃向きのメニューな気がするんです。
ワンディッシュで満足できる冷やし中華、ぜひ見にきてくださいね。