暮らしの編み方。

ねえこれ知ってる?面白かったよ。これはカンタンでおいしいの、食べてみて! 40代で高齢出産、フラフラしながら頑張る50代主婦のブログです。育児も家事も大変だけど、シンプルに好きなことを楽しみながら暮らしたい。おすすめしたいことやモノ、生活のあれこれを編集して、お待ちしてます♪

紙の辞書から広がる世界。デジタルとかけ合わせて、さらに楽しい。

最近、息子(小2)がハマってるのが、国語辞典を読むこと
自分用本棚で見つけて、めくってみたら面白かったようで…
心の中で、いいね!ボタンを連打しています。

f:id:kurashiami:20200714004902p:plain

知の宝庫を探検中

毎日更新チャレンジ、この記事は30日目です。
↓クリックで応援してくださるとうれしいです!

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ

へ

何でも知りたい2年生

国語辞典は、幼稚園の卒園記念に、保護者会からプレゼントされました。

三省堂 例解小学国語辞典 第六版

三省堂 例解小学国語辞典 第六版

  • 発売日: 2015/01/10
  • メディア: 単行本
 

小学生用の辞書なので、すべての漢字にふりがながふってあります。
もう自力で読めるし、詳細な図解もあったりで、飽きないようです。

いつ頃興味を示すやら、実際に使うとしても3年生くらいかな?
と思っていたので、意外に早かったです。

お勉強時間がまったくない幼稚園だったので、小学校入学時はひらがながなんとか読める程度だったのに…子どもの成長ってすごい

何かを調べるわけではなく、適当に気になったところを読んでいます。
興味を示したものについては、聞かれればできる限り答えるようにしています。
AIの力を借りながら

たとえば、「バッハってひと、学校で見た」と言うので、多分音楽室かな?と思いつつ、「うん、バッハはこんな曲を作ったんだよ」と、すぐに「アレクサ、バッハの曲かけて」 と聞かせたり。

f:id:kurashiami:20200714010112p:plain

こういうとき、スマートスピーカーはほんとに便利

いいねいいね、今の子はいいなあ
いつまで続くブームかわからないけれど、知る喜びと楽しみを味わってほしいな。

紙媒体の強さ

昔々、高校の英語の先生がよく言ってました。
辞書を読みながら引きなさい」って。

調べた語句の箇所はもちろん、前後も目を通すように心がけると、すごく勉強になるんですよね。

これぞ、紙媒体の強み。
ネットや電子辞書でもできなくはないけれど、広く俯瞰するのは、圧倒的に紙の方に軍配が上がります。

新聞の購読中止をためらう、理由のひとつでもあります。
ネットでニュースのヘッドラインだけを見て、見たいものだけ見るのは効率はよいけれど…。

 新聞の話しはこちらです ↓


最近、電子書籍のデメリットもいろいろと感じているところです。
保管場所などの状況が許して、何度も読み返したい本なら、やっぱり紙の本がいいなあ、と思います。

辞書を使いやすくするワザ

これも確か、高校生のときに学校の先生に聞いたんですが。

辞書を1ページずつ握ってくしゃくしゃにする→シワを伸ばす

という裏ワザ(?)、ご存知でしょうか?

こうすると、ページがめくりやすくなって、見たい部分に早くたどりつけます。
辞書全体がぶわっとふくらんで、見た目はよくないんですが。

今や、電子辞書とかスマホのアプリで調べるのが主流だからかな?
この方法を検索しても、あまり出てきません。

昔は「辞書がボロボロになるまで勉強する」のが努力の証、というイメージがありました。
新品おろしたてのジーンズより、履き込んで色落ちした方がカッコいい、みたいな?
ちょっとちがうか。

実際、使いやすくなるから、そうしてました。勉強はしなかったけど。
高校生活で得た、数少ない実用的なライフハックのひとつ。

くしゃくしゃしたくなってきた

なので、ここはぜひ息子に伝授したいところなんですが…

さすがに、自分のものではない辞書を、ぐしゃっとするのは気がひけるというか。
学校の授業で使うときは、また新たに指定のものを買うだろうから、この辞書は好きにしてもかまわないんだけど…。

それに、息子にやらせたら、力加減せず、ふざけて破りそう。
お母さんがやるから、と言っても、やりたがるに決まってる
かと言って、持ち主に断りなく私がやるというのも…

じゃあ自分の辞書で、というと、今ないんです、普通の(大人の)辞書。

国語辞典と英和辞典は、けっこう長いこと持っていたけど、内容も古くなって、処分してしまいました。

子どもの名前を考えるときは、漢和辞典を新たに買いました。
が、名付けが終わればまったく見ないので、これも既になく…

うーんうーん、あのすべすべした独特の手触りの、丈夫で薄い紙をくしゃくしゃしたい~

f:id:kurashiami:20200714010709p:plain

※イメージです。ページをやぶってはいけません※

目的が「辞書を使いやすくするため」だから、正々堂々とくしゃくしゃできる
むしゃくしゃが解消しそう。

辞書と言えばこの作品

辞書を作るには、内容の編集だけではなく、紙の選定と製造もかなり大変だと知ったのが、このお話しでした。
三浦しをんさんの「舟を編む」。

舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

 

 

舟を編む

舟を編む

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

茫洋

茫洋

  • 発売日: 2016/10/13
  • メディア: Prime Video
 

 ↑ アニメ版の1話めです。


映画とアニメは、今、Amazonプライムで観られますね。
アニメは知りませんでした。観よう…!


いいねえ、すぐに調べて観られて、今はほんとによい時代です。
息子に便乗して、言葉から広がる世界を存分に楽しもうと思います。